世界遺産でジグソーパズル

□ TOP




□ Step.1【入門編】

□ Step.2【中級編】

□ Step.3【上級編】




□ ジグソーパズル歴史

□ ジグソーパズル種類

□ ジグソーパズルコツ




□ イタリア旅行

□ フランス旅行

□ 南米周遊旅行

□ 韓国旅行

□ 世界1周旅行15日間





□ アジア

□ ヨーロッパ

□ 北米

□ 南米

□ アフリカ

□ オセアニア



□ リンク集
TOPヨーロッパスペインの世界遺産>古都トレド

古都トレド

 

 

トレドはスペイン中央部の都市。
西ゴート王国時代に首都になり、イスラム支配下では城塞都市として発展しました。
589年の宗教会議以来、16世紀のマドリード遷都までスペイン・カトリックの大司教座が置かれて繁栄しました。
各時代の建築もさることながら、イスラム教、キリスト教、ユダヤ教の三大宗教が共存した点が貴重とされています。
なかでも最も荘厳な建造物は、270年余りをかけて建設された大聖堂です。
最大の見所は、大理石製の祭壇衝立に施された彫刻装飾である、「トランスパレンテ」です。
「最後の晩餐」の周囲に無数の天使が舞っている絵は、スペイン・バロックの傑作と言われています。
また、サン・ファン・デ・ロス・レイエス修道院と付属の聖堂に見られるイサベル様式は、
西洋建築にイスラム様式が融合したものです。ユダヤ教徒のシナゴーグにある馬蹴形アーチや装飾は、
イスラム教徒の手によるムハデル様式の特徴が窺われます。


 


 

| 管理者情報 | お問い合わせ | リンク集 |