世界遺産でジグソーパズル

□ TOP




□ Step.1【入門編】

□ Step.2【中級編】

□ Step.3【上級編】




□ ジグソーパズル歴史

□ ジグソーパズル種類

□ ジグソーパズルコツ




□ イタリア旅行

□ フランス旅行

□ 南米周遊旅行

□ 韓国旅行

□ 世界1周旅行15日間





□ アジア

□ ヨーロッパ

□ 北米

□ 南米

□ アフリカ

□ オセアニア



□ リンク集
TOPヨーロッパイタリアの世界遺産>シエナ歴史地区

シエナ歴史地区

 

 

シエナ歴史地区は、イタリアの古都シエナにあるユネスコの世界遺産登録物件名。
登録は1995年。中世の町並みが残され、国際ゴシック、ルネサンス、バロックの芸術作品を見ることができる。
トスカーナの丘陵地帯に位置するシエナは、中世、隣国、フィレンツェと勢力を二分する都市国家でした。
金融業の中心地でもあり、最盛期は13〜14世紀です。12世紀半ばに着工されたロマネスク・ゴシック様式の
大聖堂、「世界一美しい広場」と言われるカンポ広場、市庁舎(プッブリコ宮殿)など、現在見られる中世の街並みが
整備されたのはこの時代です。
なかでも、町のシンボルである大聖堂は、外観内部ともに白と暗緑色の横縞模様で装飾され、
祭壇をシエナ派を代表する画家ドゥッチオの代表作「草原の聖母」が飾られています。
中世の混乱をシエナの人々は市民総出で守り抜きました。
毎年夏になると、町の象徴の大聖堂前やカンポ広場で繰り広げられるパリオ祭で、市民の団結が深まります。

 

| 管理者情報 | お問い合わせ | リンク集 |