世界遺産でジグソーパズル

□ TOP




□ Step.1【入門編】

□ Step.2【中級編】

□ Step.3【上級編】




□ ジグソーパズル歴史

□ ジグソーパズル種類

□ ジグソーパズルコツ




□ イタリア旅行

□ フランス旅行

□ 南米周遊旅行

□ 韓国旅行

□ 世界1周旅行15日間





□ アジア

□ ヨーロッパ

□ 北米

□ 南米

□ アフリカ

□ オセアニア



□ リンク集
TOPヨーロッパフランスの世界遺産>ポン・デュ・ガール(ローマの水道橋)

ポン・デュ・ガール(ローマの水道橋)

 

 

ポン・デュ・ガールはフランス南部・ガール県のガルドン川に架かる水道橋である。
ウーゼ川からニームへ水を運ぶための水路の途中にあり、古代ローマ時代・紀元前19年頃にアウグストゥス帝の
腹心アグリッパの命令で架けられたと考えられている。

三層構造の石造アーチ橋で高さ49メートル、長さは275メートルである。
最下層6アーチ、中層11アーチ、最上層35アーチとなっており、最上層にモルタルを用いた導水管が設置されている。
最下層は1747年に拡張され道路になっている。上層になるほどアーチは小さくなり、安定感のある外観となっている。
水路の全長は50km近くあるが、高低差は17メートルしかない。これは1kmあたり34cmの勾配で、
ローマ帝国の土木技術が非常に高水準であったことが伺える。同様のローマ時代の水道橋はスペインのセゴビア、
トルコのイスタンブルにも見られる。

 

 

| 管理者情報 | お問い合わせ | リンク集 |