世界遺産でジグソーパズル

□ TOP




□ Step.1【入門編】

□ Step.2【中級編】

□ Step.3【上級編】




□ ジグソーパズル歴史

□ ジグソーパズル種類

□ ジグソーパズルコツ




□ イタリア旅行

□ フランス旅行

□ 南米周遊旅行

□ 韓国旅行

□ 世界1周旅行15日間





□ アジア

□ ヨーロッパ

□ 北米

□ 南米

□ アフリカ

□ オセアニア



□ リンク集
TOPヨーロッパフランスの世界遺産>ヴェルサイユの宮殿と庭園

ヴェルサイユの宮殿と庭園

 

 

ヴェルサイユ宮殿は、1682年、フランス王ルイ14世が建てたフランスの宮殿。
パリの南西22キロに位置する、イヴリーヌ県ヴェルサイユにある。ベルサイユ宮殿とも表記され、
主な部分の設計はマンサールとル・ブランによっておこなわれ、庭園はアンドレ・ル・ノートルによって造営された。
バロック建築の代表作で、豪華な建物と広大な美しい庭園で有名である。
ヴェルサイユ宮殿は、フロンドの乱のように民衆だけではなく貴族の反乱にも苦しんだルイ14世が、
政情に不安があるパリから遷都し、且つ貴族の反乱防止のため、貴族を王の目の届く一ヶ所に住まわせるために
建造した宮殿である。そのため、フランス絶対王政の象徴的建造物ともいわれる。
ルイ14世をはじめとした王族と、その臣下が共に住むヴェルサイユ宮殿においては、
生活のすべてが絶対王政の実現のために利用され、その結果さまざまなルール・エチケット・マナーが生まれた。
たとえば、王の毎朝の着替えも儀式化され、最初に王の息子が肌着を着せ、その後宮殿内の序列に従い、
序列が下がるごとに徐々に上着の方へ担当が移っていったと伝えられている。
また、現在につながる洋食における席次・テーブルマナーも、毎晩のようにヴェルサイユ宮殿で開かれていた王と
貴族が出席する晩餐会に由来し、フランス料理と共に世界中に広まったものである。
非常に有名なヴェルサイユ宮殿であるが、実際に宮殿として使われた期間は非常に短く、
1715年のルイ14世の死後、後を継いだルイ15世は、すぐに宮殿をパリに戻している。
また、池田理代子による漫画、ベルサイユのばらの舞台になっていることで有名。

 

| 管理者情報 | お問い合わせ | リンク集 |