世界遺産でジグソーパズル

□ TOP




□ Step.1【入門編】

□ Step.2【中級編】

□ Step.3【上級編】




□ ジグソーパズル歴史

□ ジグソーパズル種類

□ ジグソーパズルコツ




□ イタリア旅行

□ フランス旅行

□ 南米周遊旅行

□ 韓国旅行

□ 世界1周旅行15日間





□ アジア

□ ヨーロッパ

□ 北米

□ 南米

□ アフリカ

□ オセアニア



□ リンク集
TOP南米ブラジルの世界遺産>ブラジリア

ブラジリア

 

 

高原の荒涼とした未開の大地に建設された計画都市。
ブラジル人建築家ルシオ・コスタの設計により建設された計画都市地域は、
人造湖であるパラノア湖のほとりに飛行機が羽根を広げた形をしており、
飛行機の機首の部分に国会議事堂や行政庁舎、最高裁判所が並び、
羽根の部分には高層住宅や各国の大使館がある。

国会議事堂や大聖堂などの主要建造物は、いずれもモダニズムの流れを受けた未来的なデザインで作られている。
これらの公共建築の主任建築家は、ブラジル人建築家オスカー・ニーマイヤーである。

1987年には、世界遺産に登録された。歴史的な街並みを持つ都市が世界遺産に登録されることは多いが、
建設されて40年未満という若い都市が登録されたのは異例のことである。

 

 


 

| 管理者情報 | お問い合わせ | リンク集 |