世界遺産でジグソーパズル

□ TOP




□ Step.1【入門編】

□ Step.2【中級編】

□ Step.3【上級編】




□ ジグソーパズル歴史

□ ジグソーパズル種類

□ ジグソーパズルコツ




□ イタリア旅行

□ フランス旅行

□ 南米周遊旅行

□ 韓国旅行

□ 世界1周旅行15日間





□ アジア

□ ヨーロッパ

□ 北米

□ 南米

□ アフリカ

□ オセアニア



□ リンク集
TOP北米メキシコの世界遺産>古代都市テオティワカン

古代都市テオティワカン

 

 

写真は、月のピラミットです。

テオティワカンとは、メキシコシティ北東約50キロの地点にあり紀元前2世紀から6世紀まで存在した
巨大な宗教都市遺跡。当時の新大陸では最大規模を誇っていた。
極めて計画的に設計された都市で太陽のピラミッド、
月のピラミッドそして南北5キロにわたる道(「死者の大通り」)が基点となり各施設が配置されている。
太陽のピラミッドの地下には、人類の起源の地との伝説のあるチコモストックをおもわせる七つの洞穴が
枝状につながる洞窟があったので都市を建設する際の立地条件になったのかもしれない。



 


 

| 管理者情報 | お問い合わせ | リンク集 |