世界遺産でジグソーパズル

□ TOP




□ Step.1【入門編】

□ Step.2【中級編】

□ Step.3【上級編】




□ ジグソーパズル歴史

□ ジグソーパズル種類

□ ジグソーパズルコツ




□ イタリア旅行

□ フランス旅行

□ 南米周遊旅行

□ 韓国旅行

□ 世界1周旅行15日間





□ アジア

□ ヨーロッパ

□ 北米

□ 南米

□ アフリカ

□ オセアニア



□ リンク集
TOPアジア日本の世界遺産> 知床

知床

 

 
北海道の東端にあるオホーツク海に面した知床半島と、その沿岸海域が世界遺産の登録対象となっている。
半島中央部は、千島火山帯が貫き、海岸線は荒く海に削られた地域である。
冬には世界で最も南端に接岸する流氷が訪れる。この流氷により大量のプランクトンが知床半島付近にもたらされ、
サケなどの豊富な魚介類が生息する。サケは秋に知床の河川を遡上し、ヒグマやオジロワシなどに捕食される。
これらの動物の排泄物および死骸は、植物の栄養素として陸地に還元される。
このような、海と陸との食物連鎖を見ることのできる貴重な自然環境が残る点が国際自然保護連合に評価され、
2005年に世界自然遺産の登録物件となった。

世界遺産登録地域内だけでも岩尾別川を始めとして、河川に数十基もの河川工作物
(砂防ダム、治山ダム等のサケ科魚類の移動を妨げる河川の横断構造物)が存在している。
サケの遡上の障害が指摘され、その対策として魚道(迂回水路)等の設置が検討されている。

 



 

| 管理者情報 | お問い合わせ | リンク集 |