世界遺産でジグソーパズル

□ TOP




□ Step.1【入門編】

□ Step.2【中級編】

□ Step.3【上級編】




□ ジグソーパズル歴史

□ ジグソーパズル種類

□ ジグソーパズルコツ




□ イタリア旅行

□ フランス旅行

□ 南米周遊旅行

□ 韓国旅行

□ 世界1周旅行15日間





□ アジア

□ ヨーロッパ

□ 北米

□ 南米

□ アフリカ

□ オセアニア



□ リンク集
TOPアジア日本の世界遺産>白川郷・五箇山の合掌造り集落

白川郷・五箇山の合掌造り集落

 

 

白川郷・五箇山の合掌造り集落は、飛騨地方の白川村にある合掌造りの集落で、
1995年12月9日にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。

合掌造りは、江戸時代から始められた蚕産のため、屋根裏に棚を設置したのが始まりといわれている。
豪雪による雪下ろしの作業軽減と屋根裏の床面積拡大のため、
急な角度を持つユニークな茅葺屋根になったと考えられている。
又、屋根はどの家屋も東西を向いている。これは屋根に満遍なく日が当たるようにするため、
集落が南北に細長い谷にあり、南北それぞれの方向から強い風が吹くので、
風を受ける面積を少なくするためといわれている。


 

| 管理者情報 | お問い合わせ | リンク集 |