世界遺産でジグソーパズル

□ TOP




□ Step.1【入門編】

□ Step.2【中級編】

□ Step.3【上級編】




□ ジグソーパズル歴史

□ ジグソーパズル種類

□ ジグソーパズルコツ




□ イタリア旅行

□ フランス旅行

□ 南米周遊旅行

□ 韓国旅行

□ 世界1周旅行15日間





□ アジア

□ ヨーロッパ

□ 北米

□ 南米

□ アフリカ

□ オセアニア



□ リンク集
TOPアジア日本の世界遺産>法隆寺地域の仏教建造物

法隆寺地域の仏教建造物

 

 
法隆寺は、奈良県生駒郡斑鳩町にある聖徳宗の総本山。
別名は、斑鳩寺(いかるがでら)と呼ばれ、聖徳太子こと厩戸王ゆかりの寺院であり、
創建は同じく聖徳太子ゆかりの寺院である大阪の四天王寺より約20年後の607年とされるが、確証はない。
金堂、五重塔などがある西院と、夢殿などのある東院に分かれる。
西院伽藍は現存する世界最古の木造建築物群である。
法隆寺の建築物群は法起寺と共に、1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」として
ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。

通説によれば、推古天皇9年(601年)、聖徳太子は斑鳩の地に斑鳩宮を建て、
この近くに建てられたのが法隆寺であるとされる。
金堂の「東の間」に安置される銅造薬師如来坐像(国宝)の光背銘には
「用明天皇が自らの病気平癒のため伽藍建立を発願したが、用明天皇がほどなく亡くなったため、
遺志を継いだ推古天皇と聖徳太子があらためて推古天皇15年(607年)、
像と寺を完成した」という趣旨の記述がある。
しかし、正史である『日本書紀』には(後述の670年の火災の記事はあるが)法隆寺の創建については
何も書かれていない。
 

| 管理者情報 | お問い合わせ | リンク集 |